【おうちに みどりを。】パリ 園芸センター Truffaut は楽しい癒し空間だった。

バカンスから戻り、家に帰って ほっと一息。

高給取りでは ないので、パリでの生活は ささやかなもので、

小さなステュディオで 日々を暮らしておりますが、

やはり自分の家が一番落ち着きます😊

昨年のコロナ禍あたりから、観葉植物に惹かれるようになり、

(そういう人多いよね(*´ω`))

初めは IKEA やシテ島の花市などで ちょこちょこと多肉植物などを買っていたのですが、

今ある多肉植物の植え替えが必要になってきたのと、

以前 素敵な出版社さんに お邪魔した時に↓↓

パリ 20区、アートな出版社さんと ディープな本屋さん へ。【いつまでもいられる、ワクワク空間】

自分も このような心地の良いスペースを持ちたい!と思いまして、

グリーンに関することなら お任せ!の

こちらに行ってきました♪

園芸センター&ペットショップ の Truffaut さん✨

パリ市内には3店舗ある、グリーンの専門店です。

昨今の世の中で、パリでもグリーンブームが広がりつつあり、オシャレな観葉植物の お店などがパリの街にも ちらほら。もちろん そちらのお店にも足を運んでみたのですが、

個人的な見解から申し上げますと、

「やっぱり最後は安定の園芸センター!」って感じです。

日本の園芸センターとの違いはあるのか、

フランスの園芸センターツアーの始まり始まり~♪

都市型園芸センターでありながら、充実した内容。

それでは、中の様子を。今回 お邪魔したのはセーヌ川沿いにある、13区の店舗です。

まず入ってすぐのところに小さめの生花&ドライフラワーコーナー。

生花店とは 違うので、種類と量は控えめですが、キッチリ押さえられています。

続いて、お目当ての観葉植物♪

こちらは 小さな手のひらサイズのものから、大きな鉢植えタイプまで様々。

今流行りのテラリウムコーナーも もちろんあります(^^)↓↓

サボテンコーナー。言わずもがな、IKEAのものより 生きがいい(笑)

ちなみに、ちょっとオシャレなインテリアショップとか行くと、同じ大きさで倍の値段とかするんです。。

誘惑が多い。。

プラスチックの鉢を覆うポット(cache pot と言います)も、お手頃で種類豊富。↓

お店の内容は、日本のそれと同じ雰囲気ですが、

強いて言うならば、「BONSAI」コーナーが ちょっと独特の雰囲気を放っていることかな?↓↓

仏像や小さい石塔(笑)、日本や中国から仕入れた剪定商品も置いてありました↓↓

次に 外で育てるプランター類の植物。外のテラスには庭植え用の木の苗などがあります。

さらに、キッチンハーブや、野菜やフルーツの苗・種も ばっちり。

その他、エクステリア用品や、

パリの住宅では難しいであろう、巨大なサイズの瓶(かめ)なども揃っていました。

レジのそばには ちょっとしたインテリア用品も。(ここはオシャレ価格)

あとは、お菓子がちょこっと置いてあったりと、かなり手広いラインナップでした(笑)

しかしながら、満足度120%の内容でした✨

我が家のグリーンコーナー。

鉢を植え替えたり、cache pot に移したりして

ようやく 我が家のグリーンコーナーが落ち着きました↓↓

今回 買い足したのは、育てやすいポトス。

うん、良い(*´ω`)

窓辺から差す光を浴びるグリーンを眺めるだけ。

ただそれだけ。

だけれども、その癒しは絶大。

これで わが家の居心地がさらに良くなりました😌


色とりどりの お花や緑のある園芸センターは、

行くだけで癒されるし、

どんな風に自分のおうちに緑を飾ろうか、考えるだけでも楽しい。

ちょっと本格的すぎる…と思う方も、

そのコスパと選択肢の多さは「絶対」なので、

ぜひ一度気軽に足を運んでみることをオススメします✨

Truffaut HP : https://www.truffaut.com/

◎「おうち」を「楽しく」

フランスは ミモザで春の到来を。。おうちでミモザパーティーしてみた!
No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す