フランスのマルシェ

市民の台所、マルシェ。

あの和気あいあいとした雰囲気が好きで、私も毎週通っています。

今回は フランスのマルシェはどんな感じなのかと、その魅力をお伝えしたいと思います♪

私が通っているマルシェは、13区の大通り沿いにずらーっと並ぶマルシェで、週3回たちます。特に日曜は お休みの人がたくさん買い物に出掛けるので、とても賑やか。


八百屋には 色鮮やかな野菜や果物たち。。。

私がマルシェで一番買い物するのが、野菜と果物!

安くて新鮮なものが手に入ります✨

スーパーでも もちろん買えますが、近所のスーパーより 断然マルシェの方が安くて、種類も豊富。ちょっと変わった、面白い野菜などもたくさんあるので、好奇心が刺激されます♪

あとは、食材の旬が マルシェの方が早く分かる気がします。

八百屋さんも、「今季初だよ~」とか教えくれたり。

それと、これもマルシェの魅力の一つですが、常連になると おまけをしてくれるのも楽しみ。私の行き付けの八百屋さんは、香草類をタダで付けてくれたりします。

「このスイカ美味しいよ~、食べて食べて」と試食もたくさんさせてくれたり。

そういう お店の人との やりとりは とても楽しいです✨


マルシェには 八百屋からはじまり、

お肉屋さんや、

魚屋さん、

チーズやワイン、

お花屋さんも!

お花は 特に日曜とか、 買った花束を脇に抱えている男性を見かけます♥️


食材類は、量り売りが基本。

八百屋だと、こんな風に↑値段がぶら下がっていて、「商品の名前、産地、キロあたりの値段」が書いてあります。物によっては、1個いくら、1箱いくらとか。

肉や魚、チーズなども同じで、ショーケースにキロあたりの値段が出ています。

上の写真の字は分かりやすいですが、フランスへ来たばかりだと、大概の人はフランス人の文字を解読するのに苦労する あるある(笑)これも 不思議なことに、そのうち読めるようになります。


マルシェには お惣菜のお店もたくさん。。

いつも 良い匂いがして、お腹が空きます(笑)

地元民の買い物だけでなく、旅行で来られた方の食べ歩きにも、マルシェはオススメ✨

地域にもよりますが、特にパリは 移民が多いので、「フランス以外の食」を味わえる店が多いのも魅力。

こちらは、イタリアのお菓子、惣菜、チーズ、生パスタなどが買えます。

お店の人同士の会話を聞いてると、イタリア語が聞こえてきます(^^)

イタリア以外にも、ここのマルシェでは、アフリカ系、アラブ系のお惣菜なども味わえて、かなり充実♪

そして

マルシェは食べ物だけではありません!

マルシェにもよりますが、

洋服や、靴、鞄、

民芸品や

キッチン用品、

あとは新聞のスタンドがたってたり、観光客向けのお土産さんも ちゃっかりあったり(笑)

探すと 意外と良いものがお値打ち価格で買えたりするので、これも侮れません!

以上が フランスのマルシェの様子でした♪

マルシェを通して フランス人の食や暮らしが学べたり、とにかく 食いしん坊には楽しくてたまらないマルシェ。

まだまだ 食べたことないもの、 行ってない店舗はたくさんあるので、どんどん試していきたいです✨ あとは 他のマルシェもどんどん開拓したいなぁ。。

マルシェで買ったものたち。
包装は、肉やチーズなども
「昔ながら」の感じでシンプル。
スーパーと比べると「エコ」です✨

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す