フランスでのフランス語について。

フランスで生活していくのに 絶対に必要なもの、フランス語。
今日は フランス語について あれこれお話したいと思います。とくに テーマはなく、フランスで生活している中で感じた事をつらつら書いていくので、興味のある方だけ お付き合い下さい。。

私は フランス語の勉強を初めて もうすぐ5年。といっても まだまだ「流暢」には 程遠いです(笑)「いつかは日本語並みに思ったことをすらすら話せたらなぁ。。」もしくは「口論の時に論破できるくらいまでになれたらなぁ。」(自分のフランス語が未熟な為に、日本語なら イラっときたことをガンガン言ってたのにと、もどかしい思いをすることも たまにあります )と思ってます。まぁ後者の方は、「沈黙は金なり」で逆に喋れない方が良いのかもしれませんが(笑)

文法は B2まで一通り勉強を終えました。趣味&勉強として、フランス語の小説を読んでいますが、語彙の問題以外では 以前よりは読解は出来るようになりました。

日常生活、仕事、手続きなどは そこまで不自由はないレベル。ちょっと難しい内容だったり、自分の知ってる分野外だと分からなかったり、言い換えて説明してもらって理解する感じです。

フランス語のスピードに初めは「?」ばかり

初めて ワーホリでフランスに来た時は、まずは ネイティブの会話スピードについていくのが大変でした。フランス語を勉強している人は みんな通る道ですが、ほんと 皆 絵に描いたように ( ・◇・)?となります(笑)あと、個人的に 最初のうちは 話す相手によって フランス語の聞き取り易さが左右されることが多かったです。おじいちゃん世代のフランス語は 聞き取りづらくて 聞いても ちんぷんかんぷんのことが多かった(笑)

でも いつの日からか 繋がって聞こえていた言葉が、一語一語 意味を成して自分の頭の中に入ってくる。

最近は 言葉遊びだったり、ジョークも多少は分かるようになってきて楽しいです。

私も 多少は ふざけてみたり面白いことを言うようにしてますが、まだまだ日本語のように ジョークをジョークで返すことは出来ません。。きっと言えたら 気持ち良いだろうなぁ…

パリでは 色々な人がフランス語を話す

ワーホリの時にいた街では、関わる人のほとんどがフランス人でした。

しかし、パリに来て すごく感じたこと、今も 感じながら生活していることは、移民が多いこと!「純フランス語」を話す人だけではないということです。

つまり 「訛り」があるフランス語も 理解しないといけないということです。人によっては結構ハード。(個人的はインド系の人のフランス語が聞き取りづらい、英語圏の人の英語寄りのフランス語とかも あるんですよ~)「え?何?」って 何回か聞いて理解することも たまにあります。でも かえって リスニング強化になったりもするので、ちょっと聞きづらい時もありますが、それも ご愛嬌ということで(笑)

なにより、私たち日本人も 訛りがあるので(ネイティブばりの方はごめんなさい)、お互い様です。そんな感じで、街にはいろんなフランス語が溢れているので、パリの方が みんな話を(辛抱強く?)聞いてくれるし、自分のフランス語に臆せず話せる空気な気がします。

フランス語を話せると褒められる、話せないと…

当たり前なのかは 分かりませんが、私のフランス語レベルでも 「良く話せる」と褒められます(笑)銀行で一人で手続きした時、移民局に行った時、職場の同僚に、 などなど。。移民局では 「日本語は まったくフランス語と違っているのに、よく発音出来てるし、話せるね」職場でも「よく話せて、コミュニケーションも取れるね」と言われます。正直、職場では 動詞の活用とか時制とか、喋っている途中で「あ、間違ってる~」と思いながら会話してしまうレベルですが、それでも褒めてくれるので、励みになります。

逆に まったく話せなかったり、フランス語でコミュニケーションをとろうという姿勢があまり見られないと、あんまり印象が良くありません。。みんな 大人ですから、フランス語を話せない本人に あからさまに悪い態度は 取りませんが、話せる人と話せない人がいると、やっぱり比較の対象になってます。。人をそれだけで判断するのは良くないのですが、人間なので比べてしまうのは 避けられないですね。。「前にいたあの子は 全然話せなかったけど、あなたは話せる」とかは結構あります。

あとは、英語に逃げ過ぎるのもあまり良くないみたい。フランスでも若い人は英語を話せる人が多いです。職場とかでは 同僚がフランス語があまり出来ない研修生(外国人)に英語で話しているのですが、咄嗟の時に出た言葉がフランス語に戻ってたりとか、たまに「これって英語で何ていうのかな?」とかなっていたりする場面があります。たまにコミュニケーションが上手くいかない時があって、「う〰️」ってなってたりも(笑)

まぁ、最初のうちは仕方がないですが、やっぱり フランスにいるからには こちらがフランス語を努力するに他ならないです。

あとは、多少間違っていても、みんなと明るくコミュニケーションをとろうとするのは大事だと思います。単語だけでも、簡単な文章でも良いです。私も 言いたいことが先にあって、勢いで言って文法チグハグの時が たまにありますが、なんとか理解してもらってます(笑)(そのあと 自分で ちゃんとした正解を考えるのは絶対必要ですが)

とにかく コミュニケーションが取れるか取れないかで フランスでは人の印象が変わるなぁと実感するので、トラブルにならない程度に どんどんお喋りをするのは大事かなぁと思います。

私も まだまた半人前にも満たないので、地道に努力するのみです。語学=忍耐です(笑)

フランス語を勉強されてる皆さん、楽しくやって行きましょう✨

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す