フランスでのパスポート更新〜在仏日本大使館〜

先日 パスポートの更新をしに、日本大使館まで行ってきました。

以前持っていたパスポートが、5年のもので、有効期限が切れそうで切れない時期にタイミング悪くフランスへ渡ったので、こちらでの更新になりました。

今回は、「フランスでのパスポートの更新について」と、「日本大使館がどんな感じか」を書きたいと思います!

日本大使館への訪問は、実はこの日が初めて!

ちょっとワクワクドキドキで大使館へ(笑)

場所は、凱旋門近くのパリ8区、メトロ2号線Courcelles駅が一番近いです。

勝手にパリっぽい
建物を想像してたら、
めっちゃ「東京」の外観でした(笑)

パスポート更新に必要なもの

パスポート更新で必要なものは、基本的には以下の5つ

①パスポート

②滞在許可証(提示)

③写真 1枚 (4.5×3.5cm、フランスにある証明写真機の写真の一般的なサイズで大丈夫です)

④一般旅券発給申請書(来館時に記入)

⑤申請料金(パスポート受け取り時、10年用 122€の現金)

日本での手続きより、必要書類の提出が少ないので楽かも。(戸籍など、記載事項に変更がなければ フランスでは提出する必要はありません)

ただし、在留届を提出していることが必須です。大使館では、書類発行などの事務手続きに在留届を参照しているそうなので、長期滞在の場合は、必ず提出しましょう。

今はネットで簡単に出来ますよ!

入館・申請の流れ

入口に入って、まずはセキュリティチェック!荷物を赤外線に通して、自分もゲートをくぐります。

続いて 受付で、身分証明書を提示して、来館理由を伝えます。

その後、ようやく館内に入ると、案内の方が立っているので、「パスポート更新したいんですけど。。」と伝えると、記入用紙(旅券発給申請書)と書き方の見本を渡してくれるので、記入します。

記入が終わったら、申請窓口へ。窓口は1番、2番とあり、パスポート申請は「1番」です。

あとは、窓口で必要なものを全て渡して終わり♪です。特にパスポート受け取り時の引換券などはありません。

なので、パスポート、滞在許可証(パスポートに貼ってあるタイプの人)などは、絶対にコピーしておきましょう!

新しいパスポート受け取り時に必要ですし、そもそも コピーがないと入館できないので。

私は、そんなことは まったく頭になく、大使館の人にコピーをとって頂きました(苦笑)

新しいパスポートの受け取り

申請料金は、パスポート受け取り時に支払いをします。10年用は122€。料金は現金払いのみなのでご注意を!

大使館の雰囲気

行く前は、「ちょっと重々しい感じなのかな…?」とか思ってましたが、一言で言うと、「フツーの日本の役所」みたいな感じでした。ここだけ日本みたいな。

館内は清潔ですし(フランスよ、ごめん、これだけは 日本人はそう思うんだ。。)、係りの人も丁寧、融通はむしろ日本のそれより利く感じでした。

テレビには 日本のニュースが流れ、掲示物は日本語で(当たり前ですが)、ちょっと ホッとしました。。

休館日明けの午後に訪問したのですが、そこまで混んでなくて、「平和」な雰囲気でした。

以上がパスポート更新&日本大使館の様子でした♪

フランスにいながら、「日本」を体感した、なんか不思議な日でした(笑)

次の更新は 10年後。。
長いと思うけど、
あっという間なのかな。。

在仏日本大使館HP(パスポート申請については「生活情報」のページから!) https://www.fr.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す