フランスでのインターネット回線の申込み~Freebox その②~

Freebox の申込みをしてから、ちょうど2週間。

…まだかな?と ちょっと不安になっていたら、

ついに 「Freebox 設置のご案内」のメールが!

(9月は 新学期で引っ越しシーズンなので、ちょっと時間がかかるのかも)

Freebox の設置は、申込者 立ち会いのもと、Free の作業員さんが行います。

メールには、設置日時の予約をするためのリンクが貼られているので、

専用ページに飛んで予約を取ります。

予約の日時は 複数候補が挙げられているので、自分の都合の良い日時を選びます。土曜日は 他の曜日に比べて、選べる時間帯が少なかったです。

予約が完了すると、予約完了メールが届きます。

内容は、予約日時と、設置の際に関する注意事項や説明が記載されていました。

大事なポイントをざっくり言うと、

① 作業時間の目安は45分~2時間

② 設置の際に家具の移動が必要な場合は、申込者本人が動かすこと

③ 配線関係の作業で地下室などの出入りが必要な場合は(これは建物によります)、予め出入りできるようにしておくこと(鍵がかかっている場合)

④ 衛生上の理由(コロナですね)で、部屋のドアは開けたまま作業する旨や、ソーシャルディスタンスについて

でした。

Freebox (機器) の送付に関しては、発送された時点で メールかSMSで案内が来るはずなのですが、なぜか来ず(笑)、個人ページで確認したら、予約のメールが来た同じ日に発送されていました。

boxが届いていないのに、

作業員さんに来られても 全く意味がないですからね( ̄ー ̄)


Chronopost から送られた機器を無事に受け取り、設置当日。

約束の時間より ちょっと早めに作業員の方が到着(クールな兄ちゃんでした笑)、手際よく設置作業を進めていきます…

……が、途中でハプニング発生!

実は わたくし、恥ずかしながら先の説明書きの「③」が全く脳内になく、自分の住んでいるアパルトマンは 配線の接続で地下室に降りなければならないことが その場で判明( ̄ー ̄)

しかも鍵は管理人さん持ちで、タイミングが良いんだか悪いんだか、管理人さんは お昼休みで不在!(笑)

ぼけ~っと待っていても仕方ないので、作業員さんに ごめんなさい して、管理人さんが戻ってくる時間に再び来て頂くことになりました。。。(なんというミス(‘_’))


「んじゃ、また後で」ということで、2時間後。

再び落ち合い、その後は 何事もなく すいすーいっと進み、無事終了。

ハプニングを抜けば、作業自体は30分足らずでした✨


と、こんな感じで 私のようなミスをする人は少ないと思いますが(笑)、

何せ建物の構造や配線は 分からないことが多いと思うので、そういった場合は 大家さんや管理人さんに聞いて あらかじめ把握しておくことを おすすめします。。

これで やっと快適な通信ライフが( ´∀`)

ブログを書くのも捗りそうです。。

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す