フランスで、パソコンを買う。~購入時に気になることと、その解決方法~

パン屋の仕事を始めてから、デスクワークする機会も減り

スマホ一つで事足りる ご時世なので、ずっとパソコンなしの生活を送っていたのですが、

近頃思うところがあり

ついにパソコンを所有することに…!

当初 日本に帰国した際に購入を、と考えたのですが、メリットとデメリット、購入時期の問題などを考えた結果、フランスでパソコンを買いました!

以下 フランスでパソコンを買う時に、皆さんが気になること と、その解決方法について、さらっと まとめていきたいと思います。

ちなみに購入したパソコンは Windows 10 です。

もくじ

使用言語の問題

フランスでパソコンを買うと、

デフォルトのままではもちろん「フランス語」でパソコンを操作することになりますが、

パソコン関連の単語って そこまで詳しくないですし、表示されるフランス語の細かい説明などを時間をかけて解読するよりかは、

日本語を読む方が断然早い。(日本人ですから笑)

語学学習のために「あえてフランス語のまま!」というのもアリですが、

私は利便性を重視したい。。

それに

何かトラブルの表示があった時も、「母国語」の方が確実に問題を理解できますし。

使用言語は簡単に設定できます。

おそらく最初のセットアップで「日本語」を設定できるようになっているかと思いますが、

その後に色々設定できます。

① Windowsの設定から「時刻と言語」を選択

②「言語」を選択

③ Windows の表示言語は既に日本語になっているかと思いますが、

「優先する言語」の「優先する言語を追加する」で 日本語を追加し、既定の入力言語として設定します。

④オプションをクリック

⑤ここで言語パックをインストールしたり、その他 細々と設定して整えていきます。

※文字化け対策には…※

① Windows の設定 から「時刻と言語」を選択し、今度は「地域」を選択

「関連設定」の「日付、時刻、地域の追加設定」をクリックします。

②「地域」をクリック

③「管理」→「システムロケールの変更」

④「現在のシステムロケール」を「日本語」に設定してOK

これで文字化けにも対応できるそうです(^^)

azerty キーボードの問題

フランスのパソコンの最大のネック、それがキーボードの配列だと思います。

日本はアメリカなどと同じくqwerty配列、ところがフランスのキーボードはazerty配列で、微妙にキーの配置が違います

長い間qwertyで入力してきた者にとって、フランスの配列は 厄介極まりない(笑)

どこまで 捻くれているんだ、フランス。。

頑張って慣れる、という手もありますが、設定すればqwerty配列で入力も可能に!

以下設定の手順です。

①Windows の 設定から、「時刻と言語」を選択

②「言語」を選択

③既に表示言語が「日本語」になっていると思いますので、「オプション」をクリック

④「ハードウェア キーボードレイアウト」の「レイアウトを変更する」をクリックして、

「日本語キーボード(106/109キー)」を選択して変更します。

「サインアウト」をクリックして完了し、再びサインインすればOKです。

これで、日本にいた時と同じように大体入力できます。

欠点としては、パソコン本体のアルファベット表示は azerty なので、ブラインドタッチが完璧でないと厳しいこと、細かい記号類の入力は、フランスのキーボードには存在しないキーもあるので、ちょっと手こずることですかね…

でも azwerty に慣れるよりかは手っ取り早いと思います。

Microsoft Office などアプリケーションの言語の問題

フランスでパソコンを購入する場合、Word、Excelなどのアプリケーションソフトも現地購入になるかと思いますが、

こちらも使用言語を日本語に設定することができます。

既定では、パソコンで設定した「Windowsの表示言語 」に対応する言語バージョンが

Officeのセットアップによって自動的にインストールされるとのことですが、そうでもないケースもあり。。

そんな時は

①パソコンのメニューの「Microsoft Office Tools 」→「Office Language Preferences 」をクリック

言語パックをインストールして、日本語を<優先>に設定します。

これで 日本にいた時と同じように操作できるようになります。


以上の問題を ほぼ解決できるということが分かったので、

私はフランスでの購入を決めました。

その他、フランスでの購入のメリットとして、

万が一不具合が生じた時に、すぐに修理などの対応をして貰えること(日本での購入だと、帰国するまで待たなければならない)、

電源プラグを気にせず使えること(逆に日本に一時帰国した時は面倒ですが笑) などが挙げられます。

フランスでの生活が長くなりそうな場合は、

フランスでの購入の方がおすすめかな、と思いました♪

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す