パリ20区紹介~vol.13 15区~

 久しぶりの20区紹介は、

わりと近場の15区をお散歩!

15区というと、あまり何もない(15区在住の方、ごめんなさい (^^;)、「ザ・住宅街」というイメージが強いですが、

のんびりした商店街から、モンパルナス・タワー、セーヌ川沿いの高層ビル群まで、掘ってみると 色々な顔を持っていて、なかなか面白い区です♪

それでは 15区は どんな区なのか、

さっそく行ってみましょう!

15区には 一体 何がある?

15区は…観光名所的なものは 少なめですが、次のものが ランドマークですかね。

Tour Montparnasse モンパルナス・タワー

15区で 観光客が一番訪れる場所と言ってもよい場所。

以前に記事にもしましたが、最上階の展望台は 「パリ一番」の眺め!

エッフェル塔より 混雑していなくて、しかも エッフェル塔を入れた景色も見れるという、かなりオススメの展望台です✨

特に夜景は 最高です✨

Musée Bourdelle ブールデル美術館

あの彫刻家の巨匠 ロダンに師事した、

アントワーヌ・ブールデルの自宅 兼 アトリエを改装して創られた美術館。

敷地内には 彫刻が飾られた素敵な お庭も あるそう。

まだ 行ったことがないので、近々 行ってみたい美術館の一つです(^^)

ちなみに常設展は 無料だそうです!

外からも 素敵な お庭が
ちょっぴり見えます

その他に あの有名なパスツール研究所や、

立派な建物です✨

日本の文化を 展覧会、公演、アトリエ教室などを通して 様々な角度から発信している パリ日本文化会館などが 15区にあります。

漢字を見ると、ちょっと ホッとする(笑)

15区の繁華街は La Motte-Picquet-Grenelle 界隈の商店街!

15区で 比較的 賑やかな場所と言ったら、La Motte-Picquet-Grenelle、Commerce、Dupleix駅 あたりの商店街。

Commerce通りの商店街

とはいえ、住宅街 15区にある商店街なので、うるさすぎず ゆったりした雰囲気が 良い感じ(^^)

モトピケの近くには、グルネル市場 Marché Grenelle が 毎週 水曜と日曜に たちます。

メトロ 6号線の 高架下に あるマルシェ

カッコいい写真を撮りたい方、Front-de-Seine のビル群がおすすめです。

パリのオスマニアン建築に 飽きたなら、15区のセーヌ川沿いに ぜひ足を運んでみて下さい♪

Front-de-Seine と呼ばれる これらの超高層ビル群は、1970年代半ば以降に建てられたそう。

「ここは パリ?!」と思うような オシャレなビルたちは、とても新鮮に感じられると思います✨

ビルの「森」の中を歩くのも
結構 面白いですよ(^^)

15区には 「憩いの場」が 盛りだくさん。

さすが 「住む」ための区、公園・散歩道も なかなか充実して おります♪

パリ市内を見渡すことができる熱気球で有名な、セーヌ川沿いのアンドレ・シトロエン公園

四方をビルで囲まれ、なんと モンパルナス駅の上にあるという斬新な Jardin Atlantique アトランティック庭園

パリらしい のんびりした雰囲気の、Parc Georges-Brassensジョルジュ・ブラッサンス公園などなど。。

Jardin Atlantique アトランティック庭園

ユニークな散歩道も 15区には 2つあり、

Petite Ceinture プティット・サンチュールは、かつてパリ市内を走っていた環状鉄道の廃線跡を再利用したという、面白い散歩道!

線路って わくわくする!

場所は メトロ12号線のPorte de Versailles 付近にあります。

全長約1,3km、線路の上を歩きながらの お散歩は、まるで映画「スタンド・バイ・ミー」!

そして

もう一つのオススメの散歩道がこちら↓

Allée des Cygnes 白鳥の小径 です。

こちらは セーヌ川の ど真ん中を走る散歩道で、両側に広がるパリの景色を見ながら、のんびりお散歩ができます。

ビルアケム橋とグルネル橋から 散歩道へ降りられるようになってます。

グルネル橋側には 自由の女神像も あるので、ぜひ チェックしてみて下さい🎶


いかにも「 観光地のパリ」では ないのですが、リラックスした感じが心地よくて、 かつ 独特の見どころもあったり…

なかなか奥が深い区だな。。と感じました(^^)

公園系は 本当に充実しているので、

夏場とか これからの季節は 15区へ のんびりしに行くのも良いかもしれません✨

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す