【フランス旅行記】プロヴァンス旅行~3日目サント・マリー・ド・ラ・メールで自然を満喫&4日目アルル ゴッホゆかりの地まで炎天下さんぽ~

旅行3日目。今日も快晴!

今日は 宿泊地でもあるカマルグの中心地 サント・マリー・ド・ラ・メール周辺で1日を過ごすことに。

巡礼の地としても知られる カマルグの海街

 Saintes-Maries-de-la-Mer サント・マリー・ド・ラ・メールは、カマルグにある小さな海街。

「カマルグ」は、広大な湿原で有名ですよね(^^)

遠い昔、3人のマリアがこの地に流れ着き、そのうちの1人は別の地を目指し、残った2人のマリアが この土地で生涯を終えたことから、サント・マリー・ド・ラ・メール = 海の聖マリアたち と名付けられ、巡礼の地となったそうです。

毎年5月と10月には巡礼者のお祭りも開催されます。

住宅街がほとんどの小さな海街ですが、白砂の美しいビーチがあり、夏場は海水浴客で賑わいます。

サント・マリー までは アルル駅前のバス乗り場から約1時間、Envia のA50 に乗って Les Razeteurs あたりで下車。料金は片道1€です。

※ ミニ情報 カマルグ界隈は めっちゃ蚊が多い&しぶとい ので、虫よけ必須です!

ちょこっと街ぶら。

本当に小さな街なので、特筆すべきランドマークは ごくわずか なのですが、

街の地図と街の様子を↓↓

中心地にレストランと商店がぽつぽつ、と、海街なのでビーチ用品を売るお店がいくつか。

うーん、なんていうか この長閑な感じ、茅ケ崎を思い出す(笑)

ニースなどのビーチと違って(行ったことはないけど)、変に気取ってなくて、

丁度良い 田舎感(笑)

カマルグ湿原は、ヨーロッパで唯一野生のフラミンゴが生息する場所なので、

この街では とにかくフラミンゴ推しが激しい(笑)↓↓

うじゃうじゃ。

その他、カマルグ牛(闘牛・食用の両方)も有名なので、牛グッズも多し。

街には闘牛場もあります♪

L’église Notre Dame de la Mer

この街唯一?と言って良いランドマーク、教会へ。

この可愛らしい十字架はカマルグ地方オリジナルの十字架です。

「ハート」なのか、「フラミンゴ」なのか…

まずは、街が見渡せる教会の屋上へ。(料金3€)

屋上から見える爽快な眺めがこちら↓↓

いやー、気持ち良い!!

赤茶色い屋根の可愛らしい サント・マリー の街並みと地中海。

反対側は 広大なカマルグの湿原も臨めます。

もちろん教会の中にも。

二人のマリア様が 訪れる人々を見守ります。

さすが巡礼の地、壁にはたくさんの「感謝の意」が掲げられていました。

カマルグ湿原を眺めながら フラミンゴを見に。

さて、一度家に戻って

今度は自転車でフラミンゴが見られる公園、

Parc Ornithologique du Pont de Gau へ。

借りたアパートに探検用の自転車もあって助かりました。

街にもレンタサイクルの お店がありましたよー(^^)

公園へは、D570の道路をひたすらアルル方面へ走るだけ。

自転車で16分くらいで着きます。

途中広がるカマルグ湿原を眺めながら。

周辺には乗馬センターが たくさんあるので、馬も愛でながら。

とにかく どこもかしこも 馬・馬・馬!な場所なので、家畜臭(肥やし臭)が結構する(笑)

私は 「あ~、このにおい、なんか懐かしいなぁ…」と感じるタイプですが、

人によっては ダメな人もいるかな?


公園到着!

Parc Ornithologique du Pont de Gau は、フラミンゴを始め、多くの野鳥や小動物が生息する公園。

一応野生のフラミンゴなので、

「運が良くないと見られないのかなぁ…」と思っていたのですが、

めっちゃいました(笑)

この時季のフラミンゴは白っぽいのですが、

冬になると より美しい桃色になるそうです。

鮮やかなピンク色は 羽根を広げた時や、飛んでいる時に見ることが出来ました✨

優雅な立ち姿も美しくて良かったのですが、

空を飛んでいる時の迫力が、見ていて楽しかったです!

いやぁ、良い経験が出来ました。。

湿原。

Parc Ornithologique du Pont de Gau

Adresse : RD 570 Lieu dit Pont de Gau 13460 Saintes-Maries-de-la-Mer

営業時間 : 9:00-18:00

入場料金 : 7,50€

HP : https://www.parcornithologique.com/

※衛生パス不要、マスクは 入場時のみ 必要

午後はビーチで昼寝&水遊び

家に戻って、手作りサンドイッチを食べた後は、

楽しみにしていたビーチに出陣!

とりあえず場所を確保して、

のんびり昼寝したり、ちゃぷちゃぷ水遊びしたり。

誰かがスイカを丸ごと持ってきて食べている光景を前日に見ていたので、

私たちも それに習い(笑)、おやつはスイカで。

全力で遊ぶ子供たちを眺めたり、トップレスのセクシーお姉さんに目が釘付けになったりしながら(笑)、のんびりとした午後を過ごしました。

この日の夕食は、

やっぱり海街に来たからには!ということで、

アクアパッツァで。

付け合わせの お米は、名産のカマルグ米!

ちなみにカマルグは お塩も名産です。

4日目、ゴッホの跳ね橋は 想像以上に遠かった。。。

4日目。

この日は、衛生パスを取得するために検査を受けなければならなかったので、

アルルへ上京。

意外と検査を受けている人がいて びっくりしました。

で、残りの時間で ゴッホの絵のモデルとなった「跳ね橋」を見に行こう!と私がリクエストしたのですが…

歩きで行くには長かった😵

所要時間は中心街から30分くらいなのですが、

道中は ほぼ日陰なし

気温30度越え、直射日光の中歩くのは かなり応えました(;^ω^)

ですので、もし行かれるのであれば、

なにかしらの交通機関や自転車を利用することをお勧めします。

歩くほどに テンションが下がっていきましたが(笑)、

やはり実物の橋を見た時には

「おー!」という声が漏れました✨

一度は見る価値があるなぁ…と実感しました。

5日目に続く。

◎名画のモデルになった場所を尋ねるなら…↓↓

パリから日帰り~Moret‐sur‐Loing モレ・シュル・ロワン~ シスレーゆかりの地で森林浴。
【フランス旅行記】パリから日帰り~ルーアン~
No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す