【パリ5区】アジア茶葉専門店 La Maison des Trois Thés で 高品質の茶葉と出会う。

パリには 魅力的な個人商店や飲食店が たくさんあり、

街の徘徊中、「あ、今度行ってみよう…!」と思っても、

ここ数年 世の中も 私自身もなんだか 色々あって、

未だ訪れていない お店は 数知れず。

まだまだ社会は 動乱状態(?)ですが、

個人的には どこ吹く風、だいぶ落ち着いてきた頃、

「そういえば、ここの お店行きたかったよな。。」と

最近 自分の中に降りてきた お店が一つ。

それが 5区の こちら↓↓

アジアの茶葉を取り扱っている専門店

La Maison des Trois Thés さん✨✨

こちらに併設されたカフェスペースにて、中国の伝統的なスタイルで お茶が楽しめると聞いていたので、「いつか飲みたい」と思っていたのですが、

結論から申し上げますと、現在 お店での試飲は行っていませんでした(;^ω^)

ですが、とても素敵な 空間だったので、

今回は ぜひ ご紹介したく、キーボードを叩いている次第です(^^)

それでは いってみよう♪

「パリの胃袋」からも近い、高品質を誇る茶葉専門店。

パリ5区 Place Monge 駅から すぐ、「パリの胃袋」の異名を持つムフタール通りからも近い La Maison des Trois Thés さん は、

台湾、中国、日本、韓国など、アジア原産の茶葉を専門に取り扱っている お店で、1995年開業。

その取扱い種類は、 アジア茶葉では パリ一を誇るのではないかというレベルで、

なんと1000以上のフレーバーを楽しむことが出来るそうです。

品質にも こだわり、通常 一般に流通している市販の茶葉は 年間数千トンという製造量なのだそうですが、こちらでは 年間数百キロと、きちんと目の届く範囲で管理、高品質を保つようにしているのだとか。(オーナー談)

現在は 店内での お茶の試飲は行っていないのですが、

皆さんが お茶を楽しみながら学べる ワークショップを構想していて、ただいま準備中なのだそうです。

うん、それは とっても楽しみだ(*´ω`)

パリにいながら ショートトリップ。アジア人には たまらない空間。

それでは 素敵な 店内を ご紹介!

外観からも お分かりの通り、ザ・中国!の店内。

茶葉の他に、茶器も販売しています

木目を基調とした落ち着いたインテリアは、居るだけで 心が鎮まる感じ。

細部まで行き届いた装飾が、

「この店に訪れることの特別感」をさらに高めます。

かつてのカフェスペース↓↓

ここで 一度 お茶を嗜んでみたかったのです。。

今は 飲めないけれど、見るだけでも目の保養になります(^^)

店員さんは どの方も所作がエレガント。

今回は 幸運にも、オーナーの Yu-Hui Tseng さんから色々な お話を聞くことが出来ました♪

茶葉の名前とイメージが中国語の発音だけだと いまいち分からない時、

「日本人?じゃ、漢字書くわね、その方がイメージしやすいでしょ?」と言って、

漢字も交えながら 丁寧に説明して下さって、とてもありがたかったです。

自分が購入した お茶の他にも、

お店自慢の「品質」を披露するために

「紅茶」の茶葉を 容器から出して見せて下さったのですが、

一つひとつ、針のようにピンと尖った、

いかにも「肉厚」な茶葉は、

素人目にも 「その素晴らしさ」が分かり、

とても良い体験が出来ました。

そして、購入時にも 雰囲気たっぷりの演出が こちら↓↓

計量を天秤で 行うところ!

なんてことはないかもしれないけれど、

こういった「雰囲気作り」って

実店舗での買い物の付加価値として、

これからは かなり重要なポイントになってくるのではないのかな、と実感しました✨✨

本日の お茶。水で 味がまったく変わる驚き

大満足で お店を後にし、

おうちに帰って さっそく試飲タイム。

今回は こちらの茶葉にしました↓↓

Teng Chong Bai Yin Zhen 18€ / 50g

白茶の一種の Teng Chong Bai Yin Zhen

お値段は……個人的に かなり高級😂

茶葉の感じは。。

とても肉厚。

銀色に輝く産毛の美しさが期待値を上げます✨✨

で、購入の際に お茶の淹れ方の説明もして下さるのですが、

オススメされた お水が こちらでした↓↓

Mont Roucous というミネラルウォーター。

そんなに オススメされるのなら、水道水と比較してみようということで

2種類の水で お茶を淹れて飲み比べしたのですが……

雲泥の差でした。

軟水と硬水なので、そもそも差がありすぎるのですが(笑)、

こんなにも味が変わるのかと、びっくり。

お茶の水も、時間が経つと水道水の方は 色が黒く変色していました。

本来の お茶の味は(ミネラルウォーターの方)、

とーっても 優しくてまろやか。

アプリコットのようなフルーティーな香りが ふわりと香り、

その中に 茶葉の植物らしい爽やかさが ちらっと感じられる味でした。


お店の空間といい、茶葉の質といい、

ぜひとも一度足を運んでほしい お店でした✨✨

普段使いは 私の稼ぎでは残念ながら出来ませんが(笑)、

また 余裕のある時に別の茶葉もトライしたいなと思いました♪

お店には 金魚君たちもいるよ~

La Maison des Trois Thés

Adresse : 1 Rue Saint-Médard 75005 Paris

最寄駅 : メトロ7号線 Place Monge 駅

営業時間 : 10:00-13:00、14:00-19:00

定休日 : 日曜・月曜

Facebook : https://m.facebook.com/lamaisondestroisthes/

◎茶・茶・茶!!!↓↓

お茶好きな方必見!フランス お茶ブランドとオススメお土産スポット♪
パリ5区の お茶専門店 La Route du Thé ~世界中のお茶が集まる、素敵な癒し空間~
パリ6区の お茶専門店 Thés Christine Dattner で 繊細なアロマの お茶を。
No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。